リグルーブ前
ご覧いただきありがとうございます。 今回は、ミシュランのトラック、バス用タイヤに新たに溝を刻む リグルーブと言われる作業を ご説明させていただきます。 まずは、摩耗末期の状態のタイヤが こちらになります。 リグルーブ前 そして おおよそ40~50分後 少し分かりにくいですが下の画像のようになりました。 リグルーブ後 摩耗したタイヤに再び溝を刻む事によりウエット性能の向上と 最大25%のタイヤライフを伸ばすことが出来ます。 使用状況により リグルーブ出来ない場合も有りますが、ご不明な点がございましたら テクニカルスタッフの方迄 お気軽にお問い合わせください。 スタッフ一同 ご来店お待ちしております。
おすすめの記事