メーカーの研修で1週間ほど台湾に行ってきました!

台湾ではTPMSタイヤ空気圧監視装置の工場を見学しました。

国産高級車や外車など乗用車に空気圧センサーが入っているのはよく見かけますが

最近ではトラック、バスにも入ってます。

TPMS導入のメリットと言えば燃費低下を防止

空気圧が約25%減少すると燃費は市街地で2,5%、郊外で4%程度悪化。

TPMSによる空気圧適正保持で燃費向上が可能となります!

また、摩耗やパンク防止にもつながります。

空気圧が低下すると摩耗が激しくなりタイヤの寿命が短くなります、さらに空気圧が低下すると内部温度の上昇が大きくなり熱変形がおき、パンク事故の誘発につながります。

 

タイヤは路面に接する唯一のパーツです。

そんなタイヤの性能を十分に発揮させるために重要なのが「空気圧」なんです!!

ドライブやお仕事などで使われている皆さんのお車、是非月に1度の空気圧チェックをおすすめします!!

 

 

カタログを頂いたのですが読めませんでした(・∀・)

おすすめの記事